2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合わないモノを探すのが困難である。 - 2012.04.10 Tue

EYESPOT

2012040101

ブライトリバー社製のオフセットグリップ
通称ガングリップである

そのデザイン、造りの良さは定評があり
ブライトリバー信者のみならず
トップウォータープラッガーから
高い支持を得ている人気のグリップである

まず目を引くのが
独特の形状をしているリールを固定するシステム部分であろう
一見すると、どのようにリールを固定するのかが判らない不思議な形をしている。
2012040103

2012040102


しかし実際手にして見ると実にシンプルである

では手順である
アイスポットのリールシート後部に台形状の穴が開いている
201204105

201204104
そこにリールフットの後方部を差し込んで欲しい
そしてリールシートの裏側にあるレバーを手前に倒すと
リールシート表の前方に空洞が現れるので
201204106
そこへリールフットの前部をすかさず放り込んでやればよい
放り込んだ後はレバーをやさしく戻してやればセット完了である
レバーを倒す際には少し力を入れてやらねばならないが気になる程ではない。
レバーの軸にバネが内臓されておりバネの戻る力を利用してリールを固定しているのである。

バネで固定とはいささか頼りない感じが否めないが
一度セットしてしまえばそのフィッテングに驚くだろう
ガタつきが全くない!そのようなレベルではない
もはやリールとグリップは完全に一つのモノである
それでいて脱着は至極簡単と相反する要素を高次元で実現している
まさにブライトリバーの真髄ここにありである。

その独特で完全なリール固定方式を堪能した後には
きっとアルミニウム合金の美しいポリッシュの輝き
即ち鏡面仕上げにニンマリするであろう

ブランクを接続するヘッドチャックには
オーソドックスな3本爪コレットが採用されているが
2012041010
試行錯誤を繰り返し徹底的に見直された新設計のコレットが
確実にフェルールを掴み意図せずに緩むことを許さない。

フィールドで度々ヘッドの緩みを確認するキャスト前の重要な儀式から
貴殿は完全に開放されるだろう。

もっと詳しく知りたい方はブライトリバーのマツモト氏が
youtubeで紹介されているので
そちらを参考にして欲しい。


フライ用リールも実に美しくマッチするのである
201204107

スピンニグリールとガングリップとの組み合わせ
今後の主流となるだろう
201204108
もちろんガタつきなど皆無である


まさかタカラトミーのリカちゃんとのマッチングまで考えて
デザイン、設計が施されていたとはまったく脱帽である
201204109
トイザラスにアイスポットが並ぶ日もそう遠くないだろう
子供達へのプレゼントにも最適ではなかろうか





イルカ/なごり雪
nagori-yuki
数々のアーテイスがカバーしているが
どうしてでしようか?
彼女ほど心に響かない

彼女がこの世を去っても
伊勢さんがこの世を去っても
間違いなくこの曲は100年残る
なんて思います



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://onlysurfacetoday.blog.fc2.com/tb.php/7-1830a2ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ファミキャンデビュー «  | BLOG TOP |  » 半固体状ドレッシング

プロフィール

ゲカチ

Author:ゲカチ
モノに対する執着は超一流、釣りの腕前と人格は超三流そんなゲカチが
あなたの心の隙間をドーン!
とお埋めいたします。

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
Brithliver (4)
ハリスツイード (1)
喰らふ (1)
ファミキャン (2)
履物 (2)
mizuage (6)
小物 (1)
雑記 (1)
カメラ (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。